バイナリーオプションとFXの違い

基礎知識

こんにちわ。本日はバイナリーオプションとFXの違いについて解説していきたいと思います。前回も少しだけお伝えしましたがより詳しく解説していきますのでお付き合いください。またバイナリーオプション、FXのそれぞれ良いところや悪いところも含めてご説明していきます。

 

バイナリーオプションとFXの違いについて

 

前回お伝えした部分ではバイナリーオプションは決済時間が決まっていてFXは自分のタイミングで決済を行うと説明しました。→バイナリーオプションとは?

そしてFXの場合、この決済のタイミングによって利益が大きく変わってきます。バイナリーオプションは〇分後に上がるか下がるかを予測して決済時間で予測が当たったら利益、当たらなければ損益。

しかしFXは上がるか下がるかを予測するのはもちろんのこと、どこまで上がるのか下がるのかまで予測して取引をする必要があります。これが難しいところです。

またFXはバイナリーオプションと違って利幅を取る必要があります。例えばドル円(USD/JPY)が100円の時に買いエントリーをして105円になったら5円のプラスになりますよね。単純に言うとこれがFXになります。

バイナリーオプションの場合は、ドル円(USD/JPY)が100円の時に買いエントリーつまりhighエントリーをして〇分後に105円になったとしても利益は変わりません(一定です)

他にもFXにはレバレッジをかけてハイリターンを狙ったり、損切と言って自分の思惑と逆に向かったときにエントリーを早々に切り上げることができたりします。

 

バイナリーオプションは利幅は関係ない!FXは利幅を取っていく!

 

まずはバイナリーオプションで為替に慣れることによってFXに参入しやすくなります。またバイナリーオプションで利幅を取れる人はFXをやったほうが利益は増えますので試してみてください。

 

バイナリーオプションの良いところ

 

  • 超短期取引(30秒、1分、3分、5分)なのでメンタル管理がしやすい
  • 低資金(1000円)から始めることができる
  • 掛金以上の損失を出すことがない
  • ルールが非常にシンプル
  • ペイアウト率が高い(1.88倍)

 

あくまでも僕個人の意見となります。人によって考え方は違いますのでその辺はご了承いただければと思います。

 

 

FXの良いところ

 

  • エントリーしたポイントから逆行しても自分の好きなタイミングで損切ができる
  • デイトレードやスイングトレードの場合、パソコンに張り付く必要がない
  • 指値注文や逆指値注文で決済や損切の予約ができる
  • レバレッジによってハイリターンの取引ができる(ハイリスクの可能性もあり)

 

FXを行う際はレバレッジをかけ過ぎないように注意しましょう。

 

いかがだったでしょうか?非常にシンプルに説明しましたが、FXの詳しいルールを説明してしまうときりがないのでこの辺で説明は終了したいと思います。

もしもまだどちらもやっていない方であればまずはバイナリーオプションとう選択がいいかと思います。それは低資金から始めることができるし、リスクが少ないです(掛金以上の損失がないから)

これからバイナリーオプションを始めていく方は次回の配信も是非ご覧ください。基本的には僕の時間が許す限り毎日更新を心がけていますので楽しみにしていてください。

ということで今回は以上となります。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました