通貨ペアの見方を解説!円高?円安?何それ・・・

こんにちわー!波乗り専業トレーダーです。
今回はおそらく、理解していない人が多いであろう通貨ペアの見方について書いていきたいと思います。よくニュースで円高とか円安とか聞きますよね?

実際のMT4チャートで円高とか円安ってどういう時なのかを徹底的に解説していきたいと思います。現在理解できてない人は必ず頭に入れておいてください。

 

通貨ペアの見方

 

それでは説明していきます。皆さんが巷でよく聞くドル円(USD/JPY)という通貨ペアがありますね。このドル円(USD/JPY)とう通貨ペアは米ドルと日本円の組み合わせです。

例としてドル円(USD/JPY)が現在100円だとします。これが1時間後に101円になりました・・・この状態は円高ですか?円安ですか?っていうことです。
答えは円安になります。

よく勘違いするところは100円から101円になっているんだから円高じゃないの?って思われる方が多いと思います。でもそれは違います。通貨ペアの左側に表示されているドル(USD)を主体に考えてください。

考え方としては、ドル(USD)の価値が100円から101円になったという考え方になります。こう考えるとつじつまが合うと思いませんか?1ドル100円だったのが1ドル101円になったということなのでこの場合はドル高、円安ということになります。

少しややこしいですがわかるでしょうか?このドル高、円安の状態はMT4チャートで見てみるとわかりやすいので下記の画像をご覧ください。

 

 

つまり、ドルの価値が上がっているからチャートは上昇していますよね。この状態がドル高、円安の状態となります。

 

通貨ペアの左側に表示されている通貨の価値をチャートで見るということです!

 

今回はドル円(USD/JPY)だけで説明しましたが、実は他の通貨ペアを見るとさらにわかりやすいと思いますのでそういった通貨ペアの関係も説明していきたいと思います。

※より簡単に説明するためUSD絡みの通貨ペアを抜粋いたします

 

ハイローオーストラリアを使っている人は多くの17通貨ペアとGOLDの取引ができると思いますがこの中で今回はUSD絡みの通貨ペアに絞ってご説明していきます。

まずドル円(USD/JPY)、ドルスイス(USD/CHF)、ドルカナダ(USD/CAD)この通貨ペアを見てもらうとわかるように通貨ペアの左側に表示されているのは米ドル(USD)ですね。この3つの通貨ペアのチャートを見て3つとも上昇していたらどう思いますか?

明らかに米ドル(USD)の価値が上がっているのは間違いないと思いませんか?さらに言うと、他のドル(USD)絡みの通貨も見てみるとさらに確実性は高まります。

豪ドル(AUD/USD)、ポンドドル(GBP/USD)、ユーロドル(EUR/USD)、ニュージードル(NZD/USD)の通貨ペアが下降しているのであれば確実に米ドル(USD)の価値は上がっているということになります。

 

先ほど通貨ペアの左に表示されている通貨の価値を説明しましたが、豪ドル(AUD/USD)、ポンドドル(GBP/USD)、ユーロドル(EUR/USD)、ニュージードル(NZD/USD)も考え方は一緒です。左側の通貨が上昇していれば右側の通貨は下がっているということです。

 

非常にわかりにくい説明になってしまったかもしれませんが、これが通貨ペアの見方になります。様々な通貨ペアをMT4条に表示させてみると相関関係、逆相関関係も見えてくると思います。

また次の機会に相関関係、逆相関関係については書いていこうと思ってますので楽しみにしていてください。ということで今回は以上となります。ありがとうございましたー!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です