ロウソク足と大衆心理の関係性

ロウソク足

こんにちわ。波乗り専業トレーダーです!
今回はロウソク足を見て大衆心理を学んでいきましょう。大衆心理って何?って方も今回ご紹介するロウソク足の見方をマスターすればトレーダーの目線になってチャートを見ることができるようになりますので必ず最後までご覧ください。

 

大衆心理とは?

 

バイナリーオプションやFXをやったことがある方なら必ず聞いたことがあると思います。また自分でトレードをする際にかなり重要な指標となるのがこの大衆心理となります。

実際に大衆心理は何かってことですが、結論から言うと「FXトレーダーの気持ち」ということになります。FXトレーダーが何処で買いを入れて何処で決済をするのか。もしくは何処で売りを入れてその決済が何処なのか。さらに言うとポジションを持って含み損を抱えた時に損切りするポイントはどこなのか。これらをロウソク足を見ながら解説していきます。

我々バイナリーオプショントレーダーはFXトレーダーの心理を読み解いてトレードをしなくてはなりません。なぜなら相場(MT4チャート)を形成しているのはFXトレーダーの売り、買い、決済、損切で成り立っているからです。

ただボーっとチャートを見ているのではなく、FXトレーダーの気持ちになって考え行動してみてください。それでは下記で解説していきます。

 

波乗り専業トレーダー
波乗り専業トレーダー

まずは何故ここで反発をおこすのか。を説明してきますね。

ややこしいかもしれませんが非常に重要です!

この数時間後のチャートが下記になります。

 

見事に反発しているのがわかると思います。これが大衆心理を使ったライントレードになります。今回はこの部分で何故反発をするのかについて説明していきます。

 

まず1枚目の画像で買い勢力がサポートラインから買いを入れているのがわかります。そしてすぐにサポートラインを大きな大陰線で抜けてきました。この時の買い勢力の心理を考えましょう。

 

買い勢力
買い勢力

ここでサポートされて上昇するに違いない!!と思ったら大陰線で抜けてきた・・・ヤバい・・・含み損だ・・・

売り勢力
売り勢力

へへへ!サポートラインを抜いてやったぜ!ここから更に下降が期待できるなwww

買い勢力
買い勢力

まずいな・・・何処で損切をしようか・・・まだ上昇するかもしれないからとりあえずポジション保有しておこう!

数時間後・・・
ここから2枚目の画像をご覧ください。

買い勢力
買い勢力

ようやく買いで入った場所まで戻ってきた。ここで売りを入れれば損失はゼロだから今回はとりあえずプラマイゼロで終わりにしよう!!

 

っていうのが、今回の相場で反発する理由になります。これが大衆心理、つまりFXトレーダーが考えていることになります。せっかくポジションを持ったんだからマイナスで終わりにしたくないというトレーダー心理が働いていますよね。

こういった大衆心理を読み解いて、何処で反発するのかを見極めることは非常に重要です。これから始める方もすでにトレーダーになっている方ももし勝っていないのであればこういった基礎の部分をしっかりと勉強してみてください。

ということで今回は以上となります。ありがとうございました~!!

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました